メガネ・コンタクト・レーシックの比較サイト

視力矯正方法の考案は昔から長く研究されてきました。
まず歴史に登場したのはメガネです。 日本におけるメガネ使用は戦前まで視力矯正道具として幅広く認められてきました。 戦後海外からコンタクトレンズという新しい視力矯正方法の技術が伝わり、日本でも取り入れられ、実用化に至りました。
 現在ではアメリカより新しい視力矯正方法であるレーシックが普及しつつあります。 もちろんメガネやコンタクトレンズの使用は今でも長く視力回復技術の1つとして普及していますが、 まだ歴史の浅いレーシックが視力矯正方法の選択肢として食い込んでいる現状で、 レーシックについての知識を高めておく事は重要かもしれません。

ここではレーシックについての簡単な知識は勿論、他の視力矯正方法との違い・比較をメインテーマに置いて観たいと思います。

視力矯正方法〜メガネ〜

原始的な視力矯正方法としておなじみのメガネです。 馴染みがあるだけに使用者でなくとも知識も十分であるでしょう。メガネについていろいろ少し紹介します。

視力矯正〜コンタクト〜

近年使用者が爆発的に増えているコンタクトレンズ。 まだ目に異物・指をいれることに抵抗があったり、 知識量に格差があるゆえ安全性などに疑問を持つ人もいます。 そのコンタクトレンズについていろいろ少し紹介します。

視力回復方法〜レーシック〜

スポーツ選手(特に野球メジャーリーガーなど)が レーシック手術を受けるニュースをよく見かけます。 徐々に普及しつつあるレーシックですが、一体どのような手術なのか?安全性はどのようなのか?など疑問点も多く、 またそもそもレーシックという視力矯正方法自体を知らない人が多いのが現状です。 そのような人向けにレーシックについて基本的なことからイロハを学んでいきます。

視力回復方法〜それぞれのメリット〜

メガネ・コンタクトレンズ・レーシックについての少し学んだところで、3者のメリットについて紹介します。

視力回復方法〜それぞれのデメリット〜

今度は逆にメガネ・コンタクトレンズ・レーシックについてのデメリットについて紹介します。

視力回復方法〜比較〜

視力回復方法それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえで比較(安全性や価格、適正など)をしてみたいと思います。 それぞれ一長一短なのが分かると思います。 ではどのような人がそれぞれの視力矯正方法に適しているか、簡単なチャートで紹介したいと思います。

レーシックについて

視力回復の3者の中でレーシックだけはあまりなじみのないものだと思います。 メリットやデメリットを見たところで実際のレーシックについての知識などは分かり難いかと思います。 そこで最後の章ではレーシックについての基本知識とこの先レーシックと他の視力矯正方法の将来などを考えていきます。

リンク集

お勧めのリンクを紹介します。